決し綺麗ごとでは済まされない介護職への転職だけど未来は明るい

 

JUGEMテーマ:介護福祉転職情報

 

妻と二人でキャリアコンサル事業を始めて早5年。

 

これまでに色々なことがありましたが、介護業界に籍を置いていたお陰で、介護職になりたい、なるしかないと覚悟を決めた多くの転職者の仲介現場に立ち会うことができました。

 

人材ビジネスって、人と企業を相手にする仕事ですから、何が正解で何が不正解なのかもありません。

 

日々、私のように40代50代でリストラされた中高年が、介護の職を求めて彷徨います。

 

もちろんその中には、一般企業での地位を捨てて、自ら介護業界に未来をかけて転職してくるエグゼクティブもいらっしゃいますから、決して悲観する必要はないと思います。

 

ビジネスの酸いも甘いも知ってる彼らが飛び込んでくる世界ですから、将来がないなんてことはありませんよね?

 

介護業界が始まってまだ20年ほどしか経っていませんが、介護保険制度が始まった当初は、あらゆる業者や、一獲千金を求める志の低い転職者がどっと押し寄せてきて、この業界は大荒れしました。

 

そんな志の低い人たちが、やれ介護業界はオワコンだの、介護職は3Kだの触れ回ったおかげで、すっかり底辺な職業としてイメージ化されてしまったことは残念でなりません。

 

もちろん、介護職という職業は、綺麗ごとで済まされる職業ではありません。


資格を取って意気揚々と入職してきた中高年が、20代そこそこの主任やリーダーからボロカスに言われ、1日で辞めて行く様も見てきました。

 

介護職は、ご高齢者の命を預かる職種です。

 

彼女彼らが厳しく辛くあたるのは、あなたに成長してもらいたいからです。

 

(中には新人に八つ当たりする子らもいましたが…)

 

総務人事職として10年間、介護の現場に立ち会ってきた私です、現場のことを知っているのか?と言われてしまうと、そこは微妙な立場ですが、この職業は未経験であっても、資格がなくっても、それまでに培った人間性や、どんな職歴やスキルをも活かせる職業と信じて止みません。

 

近い将来、高齢者が減って介護業界が衰退していくことがあっても、介護職として生きたあなたちは素晴らしい経験をしたのだと胸を張って生きてください。

 

これからも、介護職の門を叩く若者だけでなく、中高年の支援を続けていきますので、共に前へ進んで行きましょう!

最終的には感性に従うべし!まずは入職して自分の目で確かめよう

JUGEMテーマ:介護福祉転職情報

 

どんなに情報取集しても結局、入職してみないと分からないことの方が多いですよね?

 

口コミサイトには色々ネガティブな意見が見受けられますが、それらを重視しすぎたら応募する先がなくなってしまいます。

 

いい加減な人はどこの施設に行ってもすぐ辞めますから、離職率が高いからといって、それすなわちその施設が悪とは限りません。

 

結局最終的には、自分の目で確かめ感性に自信を持つしか方法はありません。

 

ある程度の目星をつけたのなら、覚悟を決めましょうよ?

 

もし、万が一自分の感性が間違っていても、職歴が付かないうちに辞めればダメージは最小限に食い止められます。

 

辞めるのはいつでもできますが、まずは必ず入職した施設に貢献するぞ!って覚悟を持ってください。

 

どんな環境下に置かれても、どんな組織であっても、その中で必ず実績を作り出そうとするあなたは輝いています。

 

入職後には、そこの嫌な部分が色々見えてきて「こんなハズじゃなかった」と後悔するかもしれません。

 

しかし、ちょっとばかり自分の想定していなかったことがあったぐらいで退職していたようでは、私のようにジョブホッパーになりかねません。

 

転職を繰り返すことは決して悪いことではないと、考えていますが、職歴は後々のしかかってきます。

 

どこの職場に行ってもダメな奴ってレッテルを貼られ、自分自身も嫌なことがあれば「辞めてまた次の職場を探せばいい」逃げのモード癖が付いてしまいます。

 

あとは、自分の頑張りで職場はいい方にも悪い方にも変化するってことを、覚悟しておいてください。

 

あなたが努力することで、とんでもない職場環境が変わるかもしれませんよね?

 

そんな社内貢献を成し遂げたあなたは、ビジネスマンとして、ひとりの人間として、ひとりの親として成長していくのは間違いありません。

 

大企業で出世争いをするのもいいですが、こと介護業界においては無理やり出世する必要もないと考えている人が多いので助かります。

 

まずは、勝ち負けではなく、また他人と比較する人生から離れてみませんか?

 

自信を持って転職に挑み、新天地でチャレンジする自分の姿を思い浮かべてみてください。

職場に居場所がない?!辛い過去があっても頑張れば上を目指せる介護業界

JUGEMテーマ:介護福祉転職情報

 

介護業界には、リストラや倒産などで嫌々転職してきた人だけでなく、いわゆる「何にも専務」のいわゆる社内失業状態の中高年も流れてきます。

 

不幸にもそんな烙印を押されてしまえば、私なら即刻転職という選択肢を取りますが、しがみ付いてでも定年まで居つく給料泥棒さん達は何とも思ってもいません。

 

出世もできず、給料も上がらず経験やスキルを伸ばす機会さえ与えられず、ただただリストラに怯える毎日でしょうが、やはりその時がやってくると転職困難者となり果てます。

 

そんな風にチャンスさえ与えられず希望もないのであれば、1日でも早く介護業界に来て整備されたキャリアパスを利用して上へ上へと上がっていけばいいと思いますが、なかなかどうして一旦ネガティブな状態に陥った40代は生気がありません。

 

そこで得た役職とかポジションを捨てることって、メチャメチャ勇気が要りますが、背水の陣で転職に臨んで、厳しい環境に身をおけば、新たな景色が見えてくるかもしれませんよね?

 

介護職って綺麗ごとでは済まされないけれど、同時にやりがいもあるお仕事です。

 

「前職で俺は部長だったんだぞ?」って威張っていた転職者であっても、「実はずっと引きこもっていました」というニートであっても、チャンスは十分に残されています。

 

頑張りさえすれば道は切り開かれるし、頑張らなければ落ちていくだけのフィールドですよね?

 

他の業界でずっと生きてきた人が、介護業界に来ることって早々ありませんが、ひょっとして介護職が天職だったってことも十分考えられます。

 

傷つけられたり、人を傷つけたことがある人って他人の痛みが分かると言われています。

 

そういう人に限ってウソをつかない人だったりするんですよね。

 

有名な大手企業が運営する施設は、私たち40代の転職先としてはそぐわないかもしれませんが、中小企業や零細企業が運営する介護施設であっても、良い出会いがあれば、まだまだこれから頑張れます。

 

介護のお仕事に就いて万が一合わないのなら、また転職すればイイじゃないですか?

 

一生やりがいを持って接することができる介護のお仕事は尊いですし、あなたが素晴らしい人生を手に入れられる可能性も十分あります。

ダメだできないではなく無くすものがない覚悟で活動すると上手くいく

JUGEMテーマ:介護福祉転職情報

 

あと数時間で今年は終わりますが、皆さんにとってこの1年はいかがでしたか?

 

なんらかの理由で転職をせざるを得なかった40代にとって、厳しい1年になったかもしれませんね。

 

有効求人倍率が高まり少子高齢化の波が押し寄せてきたこの日本で、私たち中高年に労働力としての白羽の矢が立っていますが、だからといって転職の難易度が低くなったわけでもありません。

 

こんな厳しいご時世で、自分レベルの能力では転職が難しいと分かってはいても、今の施設にはどうしても勤められない場合もあるでしょう。

 

私も子供が生まれてマイホームを買ったとたん、リストラされて元職場と世の中を恨みましたから、あなた達の気持ちはよく分かります。

 

裏を返すと、そういう絶望しきっている人こそ転職が上手くいく可能性が秘められていることを忘れてはいけませんよ?

 

これはいわゆる死ぬ気モードと呼ばれるやつですね。

 

でも、自分に能力や経験スキルが不足していることを誰よりも理解しているでしょうから、今のままではダメですよ?

 

私たちのような何の変哲もない凡人が、転職市場で必要な人材となり得るには、「もう無くすものはないから怖いものはない」って覚悟。

 

そうなると、なりふり構わず活動でき、のほほーんと活動しているスペック高めの転職者よりも好印象を与えられる可能性があります。

 

会社都合で転職しなければならなかった私ではありますが、世の中には死ぬまで雇われで会社にしがみ付いていた方がイイタイプの中高年もいらっしゃいます。

 

そういう人が会社都合で世の中に放り出されると、悲劇でしかありません。


出世争いに敗れて、窓際扱いされている人たちもいるでしょう…。

 

他にも、精神が崩壊するほどの人間関係のトラブルが原因の場合もありますよね?

 

無くすものがないと背水の陣で挑む転職活動は、あなたにとって素晴らしい経験になるかもしれませんね。

依存しすぎると危険!良い条件の求人は自発的に活動して掴み取れ

JUGEMテーマ:介護福祉転職情報

 

元号が変わりましたが、これといって何もいいことがありませんよね?

 

私と同じように、リストラされ介護業界に流れ着く40代は多いと思いますが、他力本願の成り行き任せでは介護業界にすら流れ着きません。

 

転職エージェントや再就職支援会社(アウトプレースメント)に任せきりにしたり、良い求人ばかり求めてネットを彷徨っても内定に至ることはありません。

 

なぜならば、40代向け求人の多くが非公開求人と呼ばれる、いわゆる潜在的な求人だからです。

 

近年、有効求人倍率が軒並み伸びて私たち中高年は脚光を浴びていますが、一向に難易度が下がらないのは自発的に動いている40代がほとんどいないからなのです。

 

私は40歳の時にリストラされましたが、幸運にも再就職支援会社(アウトプレースメント)を付けてもらえました。

 

彼らの役割は、就職が困難な中高年の再就職を手伝う委託会社ですが、正直な話使えたものじゃないですね。

 

ハローワークが失業者の撲滅を目標とする機関であるのと同じく、彼らの役割は私たちに出勤する場所を提供することです。

 

私が利用した梅田にあるそのオフィスにはパソコンが置いてあり、担当のキャリコンサルタントが様々な相談に乗ってくれます。

 

ただ、そこでは求人を探すのは主に就職困難者であって再就職支援会社でないということを理解しておいてください。

 

もちろん、担当者との面談の中でいくつか「これは?」という求人の紹介を受けますが、そのほとんどが希望にあるものではありません。

 

お世話になっておいて、こういう恨めし節は心が痛みますが、他の再就職支援会社も同様に「使えたもんじゃない」という意見が大半。

 

そうこうしているうちに、あっという間に半年が過ぎてしまった私たちは、動かないと転職にたどり着けないと自らが活動を開始。

 

ハローワークに走るもの、様々な転職サイトんに挑戦するものいましたが、私は潜在的な求人が眠っているはずの転職エージェントを中心にチャレンジを続け、見事現在の介護業界に転職できました。

 

このように、誰かに依存したとしても結局は自らが動くハメになりますから、時間が経過して「もっと早くに動いておくべきだった」と後悔する前に、自主的に活動してみてください。

非公開求人は向こうからやって来る?WEBレジュメをフル公開しておくべき理由

JUGEMテーマ:介護福祉転職情報

 

インターネットがこれだけ発達したので、転職サイトのことを知らない40代はいないと思いますが、注意点をいくつか挙げておきたいと思います。

 

転職サイトに登録して今勤めている職場にバレるのはマズいですが、だからと言って職歴や経験・スキルを小出しにする使い方は間違っていますよ?

 

何故か理由は不明ですが、真剣に転職を考えているのにも関わらず情報を非公開にしている方がいますよね?

 

転職サイト上のWEBレジュメ(職務履歴書等)は匿名で公開される仕組みですし、大手と呼ばれる転職サイトで情報漏洩があったという報告は今のところ受けていません。

 

転職サイト経由で応募する最大の利点は、条件をしていして日本全国の求人を探せることですが、逆にWEBレジュメさえ公開しておけば日本中から思わぬオファーがやってくるこもあります。

 

オファーの多くが希望しない業界や職種からかもしれませんが、企業の担当者からダイレクトにオファーが届く、いわゆるプライベートオファーは既にあなたに興味を持ってくれている状態です。

 

面接に臨めばいい雰囲気で進行する場合が多いので、リラックスして挑める利点がありますよ?

 

結局情報を小出しにしていると、自ら求人を探すしかなくなり、転職エージェントが持っているいわゆる非公開求人と呼ばれるハイレベルな求人から遠ざかってしまう結果に繋がります。

 

良い条件の求人情報であればあるほど一般に情報を出せないので、一般の人の目には触れず、意外に思われるかもしれませんが、向こうからやって来るのです。

 

その際のポイントですが、字数制限いっぱいに職歴・スキルをキーワード含めて公開しておくことです。

 

もちろん、紙で提出する職務履歴書類と同様、採用担当者が見やすいよう箇条書きや段落を工夫して見やすくしておくことです。

 

このように利点しかない転職サイトですが、あまり頼りすぎると活動期間が長引きますので、あくまで転職手段の一つと捉えてくださいね。

思わぬ落とし穴!転職できず貯金が底をついた40代の悲劇

JUGEMテーマ:介護福祉転職情報

 

40代の転職が割と一般的になってきたとは言え、20代や30代に比べれば時間もかかりますし苦労するはず。

 

若いころは短期間で転職できたと高を括る方も少なくありませんが、社会から離れ時間が経過すると最悪の場合引きこもりになってしまう40代もいるぐらいです。

 

私も40代でリストラされ転職が上手くいかず一時期引きこもったことがあるのですが、確実に精神的に疲弊し活力がなくなります。

 

こうなってしまうと、活力のなさが面接官にも伝染するので上手くいくものも上手くいかなくなります。

 

引きこもってしまうと世間から拒絶されたような、一方的な被害者妄想が膨れ上がるので辛いですよ?(家族からの辛辣な目も辛かったですね)

 

生きる力がなくなると、面接に挑む気力も消え、どうすれば自分の強みをアピールできるか?前向きなことが一切考えられなくなります。

 

もっと悪いことに、普段人と話していないので面接官とすら上手く話せなくなります。

 

これはちょっと怖いことですが、半年前までバリバリ一線で活躍していた人でさえ社会から遠ざかれば、一瞬で無気力人間になってしまいますよ?

 

こういう怖さが分かっているだけに、私は40代の転職者には1日でも早い早期転職を勧めています。

 

40代になっても有休休暇を全て消化して転職に挑む方がいらっしゃいますが、人との接点を失くしてしまう恐れがあるので私はあまりお勧めしていません。

 

もちろん、労働者の権利として有給休暇があるので使うなとは言えませんが、サラリーマンとしての熱気が冷めた人は何というか魅力を感じられません。

 

できることなら馴染みの飲み屋でもいいし、週末は趣味の仲間たちと繋がっておくでもいいですが、決してこちからから世間を拒絶しないようにしてくださいね。

 

私と同じように何らかの理由で退職を余儀なくされて転職する人は特に、熱意を忘れず「自分を必要としている職場は必ずある」と信じて前へ進んでください。

 

殻に閉じこもるのは勇気がいることです。

 

もし独り狂ってしまいそうな時は、ソロカラオケに出向いて思いっきり歌ってみてください。

転職でいない40代の悲劇!プライドを捨ててアルバイトを当たることも必要

JUGEMテーマ:介護福祉転職情報

 

なかなか内定がもらえない40代はこだわり強すぎて、ちょっとでもマイナスポイントがあればまた別の求人に飛びつく、いうなれば夢追い人とかジョブホッパー的な方が多いんですね。

 

でもあんまりこだわりすぎると転職期間が長引いて、今度はブランク期間が発生し「何か問題がある転職者」とレッテルを貼られるので、ますます転職できなくなる傾向があります。

 

ですから、ある程度期間を区切り、期間内で良い求人が見つからなければ、バイトでもパートでもして食つなぐ必要がありますよね?

 

介護職であれば、バイト経由や派遣経由でも正社員になれる可能性が極めて高いと言えるので、諦めずチャレンジしてみてください。

 

 

1.バイトや派遣

中高年であってもバイトや派遣は探せば腐るほど見つかります。

 

誰でもできる一時的な介護職が多いですが、経済的理由から仮の職を得るためには最適と言えます。

 

最近では、中高年の転職者に絞った人材派遣や業務委託もあるので、福祉系の資格を持っているのであれば有利に働くのではないでしょうか?

 

実力次第では、バイトや派遣を経て正社員になる介護職は少なからずいらっしゃいます。

 

介護職の特権と言っても過言ではないでしょうね。

 

 

2.個人事業主を探す

基本的に転職先は企業という先入観がありますが、家族で介護施設を経営している人や、一人か二人で起業してサービスを提供している人たちもいらっしゃいます。

 

主にコネ経由になると思いますが、そういう人を探し出して働かせてもらうのも手です。

 

もちろん、主人となる人間は誰でもいいわけじゃないですよ?

 

介護福祉系の仕事に就いている人で、コネがなければ異業種交流会で探しても面白いかもしれません。

 

ただ、給料や待遇は二の次と思った方が無難ですね。

 

 

3.起業する

転職先がないなら自分で起業してみるのも面白いですね。

 

介護業界では割と簡単に補助金がもらえるので、仲間と一緒に起業する若者は実際多いですね。

 

私が面接をした若者も、退職してデイサービスを経営していますが毎日楽しくやっていると聞きます。

 

 

今回はあくまで転職できなかった時の手段を紹介しましたが、こだわりをひとつ減らすだけでも求人は見えてくるものですよ。

超売り手市場!介護福祉士は積極的に非公開求人を取りに行くべし

JUGEMテーマ:介護福祉転職情報

 

この業界に来て私が一番驚いたのは、横の繋がりが強くコネとか友達繋がりで転職してしまう人たちが多いこと。

 

もといた製造業ではありえない話です。

 

介護福祉士が転職を考えた場合、コネや友達繋がり以外にも手段があるので覚えておいてください。

 

 

1.公開求人を探す

今や求人の9割がインターネット上にあるとまで言われていますが、ハローワークインターネットサービスや転職サイトが扱う求人は、公開求人と呼ばれています。

 

この手の求人は、インターネットが使えれば誰でも応募できる便利さがある反面、較的倍率が高いデメリットがあります。

 

企業規模をみても、中小から零細企業、ベンチャー企業が多い傾向にあり、個人で介護施設を営んでいる方も含まれていますから、高い年収やよりよい雇用条件はあまり望めません。

 

また、転職サイトに掲載するにはそれ相応の掲載料が必要ですから、ハローワークに一年中出されている求人よりも採用意欲は高いと言えます。

 

私たちもハローワークを使い求人広告を打ちますが、求人を出すもすべて無料です。

 

 

2.非公開・潜在求人を探す

私たち中高年が絶対に外すべきでないのが、この非公開求人です。

 

転職エージェントが扱うのもこの非公開求人で、表に出してしまうと応募が殺到したり、秘密裏に求人を出したい場合に多用され、しかも、転職サイト以上に費用がかかるため、採用側の本気度は最も高いと言えます。

 

ただ、この手の求人に応募するには転職エージェントに登録しなければならず、面倒だと二の足を踏む介護職が多いのも事実。

 

また一昔前は、エージェントに登録さえさせてもらえない登録拒否とか門前払が横行していたため、未だ悪いイメージを抱いている方も多いですよね。

 

この他にも意外かもしれませんが、募集していない介護施設に問い合わせてみるのもメチャメチャ効きます。

 

定年以外にも、病気のため、介護のため、妊娠出産のため等、施設内での欠員はあなた達が思っている以上に発生しています。

 

転職サイトや転職エージェントに求人活動を依頼する前に、タイミングが合えば即採用されて今うことも珍しくありません。

寝言でもダメ?転職先での上司や同僚への陰口はご法度な理由

 

JUGEMテーマ:介護福祉転職情報

 

面倒な書類選考や転職エージェントへの登録、苦手で夜も眠れない面接を通過してやっと一息つけると安心していませんか?

 

新人ではあるものの、やはり40代は年齢がいっていますから周囲から常に注目される存在です。

 

自分では決して気付くことはありませんが、必ずしも同僚たちから歓迎されているわけではありません。

 

あなたにスキがあれば、カラかってやろうとか凝らしめてやろうと思う種類の人間も大勢混じっています。

 

特にこの業界、女性が多いものですから、そういう集団心理が余計に働いてしまうのでマジで怖いです。

 

試用期間である3か月は大いに新人として、普段話せない人たちともコミュニケーションを取るべきですが、だからといってアレコレ物申してよいというわけではありません。

 

特に、新人であるあなたは、どういう人間かまだ同僚達から理解されていない存在です。

 

誰かが「新人の○○はこう言ってた」と言えば、どんどん尾ひれがついて大きくなっていきます。

 

中には、言ってもいないことを誇張して触れ回る類の、私は彼ら彼女らを「スピーカー」と呼んでいますが、病むべき存在がいることも忘れるべきではありません。

 

新しい施設に入って、初めてできた同僚や友達に、ついつい心を開いて何でもかんでも相談するのは構いませんが、彼ら彼女らの上司批判・同僚批判の輪に入って良いわけではありません。

 

こういう席って、メチャメチャ盛り上がれるから、ついつい自分も普段思ってて言えないことがポロリと出てしまうもの。

 

(酒が入っていれば余計です)

 

職場のあるあるでお分かりでしょうが、このような席で「新人の〇〇が上司の批判をしていた」とか悪い場合、スマホやICレコーダーで取られていたりするものです。

 

同僚からでなく、店に居合わせた赤の他人から職場に通報が入る可能性だって無きにしも非ずですよね?

 

いっときのハメを外すだけでなく、苦労して手に入れた内定も水の泡にしてしまわないよう気を付けてくださいね。