未だ学生時代の自慢ですか?主観すぎる履歴書が選考に通過できない理由

JUGEMテーマ:介護福祉転職情報

 

40代が転職活動で抱える悩みの多くが「書類さえも通らない」ですよね?

 

中には、「私は何十億のプロジェクトを成功に導いた経験がある」凄い人も混じっているのですが、ハッキリ申し上げていつまで主観ばかりで書類を書いても通る確率は上がりませんよ。

 

私たち40代は、どんな施設でどんな仕事に従事するのか?に合わせ履歴書や職務履歴書を調整していかなければ、書類選考にすら通ることはありません。

 

多くの40代が作ってしまうどこでも通用する汎用的な書類は、いっけん万能に見えますが、逆の立場、つまり採用を担当する私たちから見れば、「一体だれに対して書いた書類か?」って疑問が湧きます。

 

40代が転職する場合必ず「なぜうちの施設を選んだんですか?」と聞かれますが、汎用的な書類からはその理由が全く読めないから私たちは書類を返送せざるを得ないんです。

 

冒頭のプロジェクトを成功に導いた人は、確かにすごい人材かもしれませんが、介護施設に入職してその手腕が発揮できるとはとても思えません。

 

どちらかと言えば、現場では何もせずに管理職として入職したいってイメージを抱いてしまいます。

 

ですから、未経験なりにあなたのキャリアがその施設のどこと関係性があるのか?どういう経歴をどこに活かせそうなのか?をアピールして、なるほど!この人ならと言わしめなければなりません。

 

書類がすべてお見送りされたと憤慨しているならば、客観性がある書類を書く練習をすべきですね。

 

冗談のような本当の話、「私はまだまだ20代には負けない」とか「学生時代は剣道で武道精神を極めた」とか平気で書いてくる40代は後を絶ちません。

 

20代には負けないと心の中で思っていても面接でアピールすべきことではありませんし、まさかウケ狙いで書いているのであれば即刻やめるべきですよ?

 

有名な国公立や私学を出た40代ほど「学生時代の自慢」を書き連ねてくるクセがありますよ。

 

加えて昔ばなしほど武勇伝的な美談が多いのも特徴ですが、間違ても自分で「極めた」なんて書かないほうがいいですね。

 

1